東京、高円寺の[美術書店×酒場]BLIND BOOKSです。一番下にMAPがあります。
ホーム 写真集(国内作家) > 深瀬昌久
商品一覧
写真集(国内作家) > 深瀬昌久
商品並び替え:

深瀬昌久、写真集、Masahisa Fukase、photo
登録アイテム数: 13件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
深瀬昌久『家族/FAMILY』新装版

深瀬昌久『家族/FAMILY』新装版

7,800円
「ピントグラスに映った逆さまの一族のだれもが死ぬ。その姿を映し止める写真機は死の記録装置だ」–深瀬昌久  1971年8月、深瀬昌久は妻の洋子を伴って北海道北部の美深町に降り立った。彼の故郷でもあるそ…
深瀬昌久『MASAHISA FUKASE』

深瀬昌久『MASAHISA FUKASE』

8,000円
深瀬昌久、待望の集大成。私性と遊戯を追い求めた40年。 1960年代から日本写真の第一線で活躍した写真家・深瀬昌久。だが、1992年の不慮の事故により、その活動は閉ざされた。「鴉」が不朽の名作として…
深瀬昌久『鴉/RAVENS』復刻版

深瀬昌久『鴉/RAVENS』復刻版

10,000円
日本人写真家、深瀬昌久の作品集。写真という媒体の歴史の中で最も重要な写真集の一つとしていつの時代にも高く評価されてきた写真家・深瀬昌久の『鴉』は、1986年に初版が刊行され、その後、2度復刻されている…
深瀬昌久『Afterword』限定900部/2nd edition

深瀬昌久『Afterword』限定900部/2nd edition

4,500円
『Afterword』は1978年に出版された『サスケ!!いとしき猫よ』のあとがき「サスケ日誌」に使用された写真から構成されている。 初代サスケはすぐに失踪し、その後、サスケを捜索する貼り紙を見た人…
深瀬昌久『Afterword』限定900部/1st edition

深瀬昌久『Afterword』限定900部/1st edition

7,000円
希望小売価格: 4,500円
『Afterword』は1978年に出版された『サスケ!!いとしき猫よ』のあとがき「サスケ日誌」に使用された写真から構成されている。 初代サスケはすぐに失踪し、その後、サスケを捜索する貼り紙を見た人…
深瀬昌久『HIBI/ヒビ』限定ポストカード付き

深瀬昌久『HIBI/ヒビ』限定ポストカード付き

8,300円
『ヒビ』は深瀬昌久の最終作のひとつである。 1990年から1992年にかけて日々の道すがら地面の亀裂を撮影したものをプリントに焼き、自ら一枚一枚を着色した。 そして1992年2月、ニコンサロンにて…
深瀬昌久『Wonderful Days』限定800部/オリジナルポストカード付き

深瀬昌久『Wonderful Days』限定800部/オリジナルポストカード付き

3,600円
深瀬昌久とその妻 洋子が1964年に埼玉県草加市の松原団地で始めた新生活に、家族の一員として加わったシールポイントのシャム猫 カボ。 そしてその数年後に深瀬が釣りの帰りに拾ってきてしまった黒猫のヘボ…
深瀬昌久『屠/Slaughter』限定750部/表紙e.

深瀬昌久『屠/Slaughter』限定750部/表紙e.

3,500円
1963年の夏。当時30歳の深瀬昌久は一人の女性を伴い、芝浦の屠殺場を訪れた。 「おもしろい子がいるよ」という知人の紹介で知り合った彼女は、名を洋子といった。 金沢より上京したばかりの洋子は、深瀬…
深瀬昌久『屠/Slaughter』限定750部/表紙d.

深瀬昌久『屠/Slaughter』限定750部/表紙d.

3,500円
1963年の夏。当時30歳の深瀬昌久は一人の女性を伴い、芝浦の屠殺場を訪れた。 「おもしろい子がいるよ」という知人の紹介で知り合った彼女は、名を洋子といった。 金沢より上京したばかりの洋子は、深瀬…
深瀬昌久『屠/Slaughter』限定750部/表紙c.

深瀬昌久『屠/Slaughter』限定750部/表紙c.

3,500円
1963年の夏。当時30歳の深瀬昌久は一人の女性を伴い、芝浦の屠殺場を訪れた。 「おもしろい子がいるよ」という知人の紹介で知り合った彼女は、名を洋子といった。 金沢より上京したばかりの洋子は、深瀬…
深瀬昌久『屠/Slaughter』限定750部/表紙b.

深瀬昌久『屠/Slaughter』限定750部/表紙b.

3,500円
1963年の夏。当時30歳の深瀬昌久は一人の女性を伴い、芝浦の屠殺場を訪れた。 「おもしろい子がいるよ」という知人の紹介で知り合った彼女は、名を洋子といった。 金沢より上京したばかりの洋子は、深瀬…
深瀬昌久『屠/Slaughter』限定750部/表紙a.

深瀬昌久『屠/Slaughter』限定750部/表紙a.

3,500円
1963年の夏。当時30歳の深瀬昌久は一人の女性を伴い、芝浦の屠殺場を訪れた。 「おもしろい子がいるよ」という知人の紹介で知り合った彼女は、名を洋子といった。 金沢より上京したばかりの洋子は、深瀬…
深瀬昌久『hysteric twelve』限定700部

深瀬昌久『hysteric twelve』限定700部

10,000円
希望小売価格: 5,000円
ファッションブランド『ヒステリック・グラマー』不定期刊行の写真集シリーズ。 その第12号は、深瀬昌久のストリートスナップ「歩く眼」を収録した一冊。 限定700部/新品
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス